日本民放クラブ 「楽しくなければ民放クラブではない!!」日本全国の民間放送OB、OG約4,000名による古き仲間の、新たな集い
日本民放クラブとは
趣旨
民間放送の出身者による、OB・OGのための親睦団体です。古い仲間たちが、趣味や社会貢献などを通じて、第2の人生を豊かに創造する新たなホームグラウンド、それが日本民放クラブです。
かって、同じ釜の飯を食った仲間たち、しのぎを削って競い合ったライバルたちが、いまやラグビーでいうノーサイド。
もう、それまでの役職や地位などは関係なく、同じ新しい土俵の上で第2の人生を楽しく共にクリエイトしていこう、というものです。
世界一の長寿社会となった日本では、もはや定年=人生からの引退、という図式は過去のものとなりました。趣味の世界で自らの人生をさらに深めよう。あるいはまた、今までの経験を生かし、社会のために貢献したい・・・。
そうした人々の意欲をベースに、日本民放クラブは会員相互の親睦と、社会貢献を車の両輪にこれからも活動を続けてまいります。
楽しくなければ、民放クラブではない! これが私たちのモットーです。
沿革
昭和59年(1984)10月、クラブ設立の発起人会が発足、翌昭和60年(1985)に、会員数265名で「民放クラブ」が関東で発足しました。
その後日本全国に次々と、各地民放クラブが誕生したのを受け、平成元年(1989)4月、民放クラブを発展的に解消し、全国の地区民放クラブを総括代表する「日本民放クラブ」が誕生しました。
会員数も平成25年4月現在、全国で3500名に達し、日本民放クラブは各地民放クラブをつなぎ、相互の交流を促進させるための機関として、また対外的な代表窓口センターとしての役割を果たしています。
事務局を、東京千代田区の日本民間放送連盟内に置いています。
組織
各地民放クラブと、それらを総括する日本民放クラブにより成り立っています。

日本民放クラブ(事務局)
〒102−0094 東京都千代田区紀尾井町3−23 文藝春秋西館 日本民間放送連盟内
電話/Fax 03−3265−7597  メール minpok@world.ocn.ne.jp
Copyright (C) Nippon Minpo Club, all rights reserved.